03<< 2015/04/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュンラン



いよいよ、シュンランの季節になった。

IMG_4323.jpg



といっても、シュンランの花期は、比較的長く
多少、出始めでも、

IMG_3958.jpg



出遅れでも、

IMG_3996.jpg


出戻り、、は、ないか、、まぁ、それなりに楽しめる、、




一株で、二本、三本、

IMG_4329.jpg



それ以上の花穂が上がっていることも、しばし。

IMG_4277.jpg



ま、それ以下でも、たとえ一本でも、
他に何もないところで、漫然と咲くシュンランに出逢ったら
飛び上がりたくなるくらい嬉しい。

IMG_4512.jpg


山で、道に迷ってしまい、
とにかく尾根に出なければ、、と踵を返したその時
足元で偶然、一本に二つ花を付けたシュンランに出逢った。

IMG_4103.jpg




これはスゴイ!

それこそほんとに、飛び上がる思い。

だったけど後日、他のブログで、一本に花三つ、というのを拝見するハメになる。


ま、上には上があるもんで、、(笑)


シュンランを見ると、疲れがぶっ飛ぶ。

IMG_4513.jpg


シュンランが咲くと、春たけなわを実感する。

IMG_3974.jpg


シュンランにはきっと、人を幸せにする力があるのだと思う。

IMG_4071.jpg



スポンサーサイト

アズマシロカネソウ

渓流沿いに点々と、小さな花を付けるシロカネソウ

IMG_0577.jpg


分布が、東北から福井辺りまでのを、アズマシロカネソウ

IMI_9598.jpg


福井から島根辺りまでのを、サンインシロカネソウと区別している。

IMG_0359.jpg


両者の違いは、他にもあって

花弁のように見える萼弁の裏側の模様が
基部に集中していたら、サンインシロカネソウ

IMG_0358.jpg


基部だけでなく、萼弁全体にマーブル状に散らばってたら、アズマシロカネソウ
と、いうことらしい。

IMI_9599.jpg

小さ過ぎて、なかなか分かりづらいのですが、、m(__)m



シロカネソウは、サバノオと同じ仲間で、
サバノオ同様、袋状の果実が、鯖の尾に似ている。

IMI_9597.jpg



だったら、全部ひっくるめて、サバノオでも良さそうなもんだけど

シロカネという名は、真白な花を上向きに咲かせるツルシロカネソウが
その名前の由来なんだとか。

シロカネソウ、、、白金草、、、別名、プラチナ草か、、、(笑)

IMG_9166.jpg



ナガハシスミレ



一時、ナガハシスミレが見てみたいと、夢見た時期があった。

すみれの中でも、極端に距が長いのが特徴。

IMI_0695.jpg


ナガアシではないの?

と、思ったら、長いのは 「足」ではなくて 「くちばし」 
あ~だから、 ナガハシか。

IMG_1802.jpg


タチツボスミレの中でも、主に日本海側の多雪地に咲くとある。

近所では見られない花、、だから憧れもあった。

IMG_4123.jpg


でも、
つい先日、近くの山を歩いていたら、、

あれ?

これ、ナガハシスミレではないの?

IMG_4214.jpg


北に咲くスミレが、なぜ、温暖な都会の里山に咲く?

誰が、種を運んだのか?


咲いてから、花も場違いだ、と気づいたのか、
くちばし、いや、距が、曲がっているのもあった、、(笑)

IMG_4215.jpg




エイザンスミレ ヒゴスミレ



エイザンスミレ と ヒゴスミレ


この両者の同定が、また手ごわい。(/_;)


エイザンスミレの葉は、基部が三裂、、
ヒゴスミレは、五つに分かれる、、
そんなことは、分かってるんだけど、、

エイザンでも、一見、五裂に見えるとか、、

花しか、撮れてなかったりとか、、(笑)

IMG_3852.jpg



逆に、葉っぱしか撮ってなくて、
あ~これなら、五裂のヒゴだ!

IMG_9337.jpg

と、分かったところで、な~んだか、つまんないし、、(笑)




往々にして、葉っぱをひろげて三角形ならエイザンスミレ

五角形なら、ヒゴスミレ らしいですよ、、皆さん!




雨が降っても、リンと開いているスミレたち。

でもこれからは、この手のスミレを見かけたら
進んで葉っぱを、むすんで開いて、、しなくては、、(笑)


では、演習。

答えは画像の下に、あります。(笑)

IMG_3855.jpg
三角形のエイザンスミレ




IMG_9327.jpg
五角形のヒゴスミレ





IMG_3856.jpg
三角形のエイザンスミレ




IMG_9326.jpg
五角形のヒゴスミレ



パーフェクト! すばらし~い。(笑)



コバイモ

コバイモは、なかなか手ごわい。

育てるにも一癖あって、花も咲かせず、ある日突然、枯れると聞く。

小さくて地味なので、花探しも、また一苦労。
それだけに、見つけた時の喜びは、ひとしおだけど、、

さて、見つけたは良いけが
これは何コバイモか、、その判定が、また手ごわい。

IMG_3880.jpg


ユリ科バイモ属のコバイモは、分布がざっくり分かれてて

コシノコバイモは、最も広範囲で、主に北陸地方に多いらしい。

IMG_3881a.jpg



アワコバイモは、四国地方

IMI_0228.jpg


ミノコバイモは、東海地方

IMG_9065.jpg


カイコバイモは富士山周辺、イズモコバイモは島根県、トサコバイモは中国四国、
ホソバナコバイモは中国四国などなど、

全てを見たわけではないので、詳しいことは分からないけど、、(涙;





先日見かけた、コシノコバイモは、
花びらの縁が、ギザギザなんだと、、

へ~ そうだったっけ?

大概、そういうことは、撮っている時には気づかない。(^^ゞ



恐る恐る、画像を紐解き、えっと花びら、、( ..)φ




IMG_3880a.jpg


はぁ~ ほんまや~ (笑)








最新記事
最新コメント
検索フォーム
お客様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。